おやぢ一番絞り
   介護福祉士を目指す、何かが『おやぢ』なサックス吹きのブログ
  >> ホーム
  >> RSS1.0
プロフィール

おやぢ

Author:おやぢ
高校卒業後、吹奏楽部の経験から音楽関係の仕事に就こうとするが、進路変更を行い、現在は福祉系専門学校の介護福祉科に通って2年目となる。
趣味は担当楽器であったSAXだが、楽団を抜けた今は楽器を吹く機会を持てず、もっぱらパチンコにハマっている。
そんな理由から、本人は、最近やっと『おやぢくさい』と人から言われる原因がわかって来たようだ。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

FC2カウンター

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

 スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 | 固定リンク
(--/--/--(--) --:--)

 おやぢとさくらん
今日は、かなり久しぶりにTSUTAYAでDVDを借り、映画を見ました。借りたのは、以前から少し気になっていた「さくらん」です。

(監督:蛭川実花、主演:土屋アンナ、音楽:椎名林檎)

まず第一に、とにかく映像と音楽がとてもいい!!
メチャメチャカラフルで綺麗な映像は、ワンシーンワンシーンが写真集のワンショットのようだし、音楽はさすが椎名林檎。舞台が江戸時代なのにジャズ・ロックがどんどん流れる。でも、それが何故か世界観にとても合っていました。また、キャストも豪華で演技は言うこと無し。土屋アンナはかなりいい味出してました。
完全に「時代劇」では無いし、そんなもの作る気も無いという姿勢がとても気に入りました。ただの「パラレル(現代風)江戸時代劇」では無く、完全に独自の世界観を作り出せていました。
前半はそんな作りに圧倒され、ストーリーはどうなんだろうと正直不安な気持ちもありましたが・・・とても良かったです。
先に、独自の世界観を作り出せていたと書きましたが、江戸という設定は、ちっとも死んでいません。
遊女という仕事に就いている女の切なさ、強さ、弱さが垣間見れました。一見華やかな仕事のようで、やっぱり当時の女性には圧倒的に権利が無い。しかし、権利が無いことは弱いことではない。その中でどう強く生きるか・・・
ストーリーの組み立て自体は単純なのですが、だからこそメッセージが強く伝わって来ました。
現代の女性はずいぶん強くなりました。男は弱くなったし(笑)ただ、本当の強さとはなんなのでしょう?権利の上に胡坐を書くことでも、虎の威を狩る事でもきっとないでしょう。
自分の生きる今を見つめ、精一杯に生きること。それが本当の強さではないでしょうか・・・?(決して女性の社会参加や男女平等を否定しているわけではありません)
女性にはとにかくオススメの映画です。

おやぢ的評価☆☆☆☆☆(満点。ただし子供には見せられませんw)
スポンサーサイト

映画 | 固定リンク | トラックバック:0 | レス:0
(2007/10/04(木) 21:45)

<<おやぢと変速 | ホーム | おやぢと半ベソクラッチ>>

コメント
コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURLはこちら
http://oyajisax.blog111.fc2.com/tb.php/31-2be2a038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

copyright © 2005 おやぢ一番絞り all rights reserved.
Powered by FC2ブログ. / PHPウェブログシステム3 / ネットマニア


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。